TV番組

逃走中一般公募の倍率や募集人数は?動画審査合格のコツも!

こんにちは!ちゃんないです!

先日、フジテレビの人気番組「逃走中」の15周年企画が公表され話題を呼んでいます!

企画内容は「逃走中の出演者を一般公募する」という内容です!!

逃走中ファンの方なら一度は自分も逃走中に出てみたい、自分なら逃げ切れると妄想を膨らませたことがあるのではないでしょうか?

今回はそんな妄想を実現することができる夢の企画です!!

しかし、15年続く超人気番組ということもあり、実際どれくらいの倍率で合格できるのか、募集人数はどの程度なのか気になりますよね。

また、一次審査はツイッターでの動画投稿による審査ということで、どうすれば審査通過できる可能性が高くなるのか、動画審査の合格のコツが気になります!

逃走中一般公募の倍率や募集人数は?動画審査合格のコツも!

ということで、気になる合格倍率と募集人数、動画審査合格のコツについてお伝えしていきたいと思います!

逃走中一般公募の募集人数と倍率(合格率)は?

逃走中一般公募の募集人数と倍率について予想する前に、まずは今回の応募条件をおさらいしましょう!

秋 放送『逃走中』の出演者を一般公募!

応募方法は逃走中番組公式Twitterをフォローして@tosochu_fujitv
「#逃走中出たい」を付けてTwitterで動画を投稿。

動画は、「私だったら逃走中で逃げ切れる!」というアピールポイントと一言意気込みを撮影して下さい。

(例)「走って一言意気込み」「スゴイ筋肉を披露して一言意気込み」
「逃走中が大好きだと分かる一言意気込み」などなど
※法規を遵守して、危険の無いように撮影して下さい。

応募条件  年齢は問いません。
応募された動画や情報をもとに番組独自の選考基準で審査させていただきます。

出典:逃走中公式ホームページ

募集人数や応募数の上限に関する記載はありませんね。

ということで、募集人数と合格倍率を独自に予測していきたいと思います!

募集人数

まずは募集人数ですが、逃走中の公式ホームページにも募集人数の記載はありませんでした。

逃走中の参加者は毎回15名程度ですが、一般人が多すぎても視聴者からしたらあまり面白くないと思うので、あくまで芸能人メインで開催されると思われます。

全15名のうち、多くても5名程度が一般公募の参加者になるのではないでしょうか?

合格倍率

続いて、最も気になる倍率(合格率)を予想していきたいと思います!

まずは以下のロジックで応募総数を算出してみました。

  • 日本の人口(15〜64歳):7,600万人程度
  • テレビの普及率:95%程度
  • 逃走中視聴率:7%程度
  • 応募率:1%程度
  • 応募総数:5万程度
    ※上記は本ブログ独自の想定のため、数値の正確性を保証するものではありません。

今回の応募条件に年齢制限あはりませんが、子供やお年寄りだとすぐに捕まってしまって番組にならない可能性が高いので母数から除外し、総務省統計局の人口データ(15〜64歳)を参考にしました。

そこにテレビ普及率、番組の視聴率、企画への応募率をかけると応募総数は5万人となりました!

ここで先ほど想定した募集人数5人を応募数5万人で割ると倍率は0.0001倍となります!

1万人に1人が当選するということで、宝くじで5万円が当たるのと同じくらいの確率のようですね。

あくまで独自想定なので、実際の応募数はもっと少ない可能性も高いのではないかなと思います!

逃走中一般公募の動画審査合格のコツは?

先ほど1万人に1人が合格とお伝えしましたが、今回の逃走中参加者公募の1次審査はツイッターによる動画審査とのことで、動画投稿内容にこだわれば合格率を飛躍的に高められるのではないでしょうか?

まずは、すでにツイッターで応募している方の投稿を確認してみましたが以下のような投稿が多かったです。

  • 動画なしの文字ツイートのみ
  • 走っている動画でスピードをアピール

まず、そもそも動画選考なので文字ツイートのみは審査に通過できないでしょう。また、走っている動画でスピードをアピールするパターンが圧倒的に多いので普通すぎて番組制作側の目には止まりにくいのではないでしょうか?

 

では、合格しやすい動画にするコツ、ポイントはなんでしょうか?

  • しっかり顔が見えるようにする
  • ツイッターの文字だけでなく、動画の中でも自分の口で意気込みを語る
  • ただ走ってスピードをアピールするだけでなく、シチュエーションや服装、ロケーションなどで他の応募者と差別化する
  • 走る以外の方法で逃走中で逃げ切るスキルをアピールする

ちょっと抽象的になってしまった部分もありますが、要は番組制作サイドにこの人出したら面白そう!盛り上がりそう!と思ってもらえる動画にしないといけないのではないでしょうか?

ただ足が速い人なんていくらでもいるので、その中でどう自分の個性をアピールするかが合否を分けるポイントになりそうですね!

まとめ

今回は「逃走中一般公募の倍率や募集人数は?動画審査合格のコツも!」ということで募集人数と合格倍率、動画審査合格のコツをお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?

・募集人数は3〜5名程度ではないか?

・合格倍率は0.0001倍(1万人に1人)と想定

・動画審査合格のポイントは他応募者との差別化

応募者の中でもツイッターのコメントのみという方も結構多いので、本気で作成した動画と熱いメッセージであたなの意気込みや個性をアピールすれば逃走中に出演できるかもしれませんね!

逃走中に出演し、一躍注目を集めるチャンスを掴みましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!