人物

松本零士の容態は?脳卒中の生存率やイタリア現地報道の内容も!

こんにちは!ちゃんないです!

漫画家の松本零士さんが訪問中のイタリアで脳卒中で倒れ、現地の病院へ緊急搬送されたという報道がありました。

自身の作品である「宇宙海賊キャプテンハーロック」のイタリア放送40周年記念イベントに参加するためにイタリアへ訪問していたそうです。

ツイッターでも松本零士さんの容態を心配する声が多く上がっていますが、現在の容態はどのような状況なのでしょうか。

また、脳卒中の生存率やイタリア現地報道の内容も調査してみました。

題して「松本零士の容態は?脳卒中の生存率やイタリア現地報道の内容も!」ということでお伝えしていきましょう。

松本零士の容態は?(11月16日更新)

松本零士さんは、11月14日にイタリアのトリノで自身の作品である「宇宙海賊キャプテンハーロック」のアニメ放送40周年を記念イベントに参加しました。

その後、15日にはマッシモ映画館で行われた「銀河鉄道999」の上映会に出席する予定でしたが、映画館到着後にろれつが回らなくなる等の異常が見られ、ホテルに戻った後に容体が更に悪化、市内のモリネット病院に救急搬送されたそうです。

16日のNHKの報道では、松本零士さんは脳卒中で容態は深刻と発表されています。

イタリアメディアは、その後、松本さんはいったんホテルに戻りましたが脳卒中とみられる症状から病院に運ばれ、容体は深刻だと伝えています。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191116/k10012179781000.html

 

一方で、ツイッターでは「容態は深刻ではないようだ」というツイートもあり、情報が錯綜している状況です。

 

松本零士さんの早期回復を祈るばかりです・・

脳卒中の生存率は?

松本零士さんは脳卒中とのことですが、脳卒中とはどのような病気なのか、生存率はどの程度なのか調査してみました。

脳卒中とは:

脳への栄養と酸は動脈を流れる血液によって運ばれますが、この動脈が詰まったり破れたりすることによって脳への血流量が減ると、脳の神経細胞に障害が起き、半身のしびれや麻痺、言語障害といった症状が現れます。

これがいわゆる「脳卒中」という病気です。

重症の場合は、意識がもうろうとして、両目とも片側に寄ってしまいます。言葉が出なくなったり、完全に片半身が動かなくなり、吐き気や嘔吐(おうと)、頭痛などが起こることもあります。

脳卒中から脳梗塞・脳出血・くも膜下出血等に分別されます。

引用:OMRON、日本心臓財団

脳の血管が詰まったり破れたりすることで、体に痺れや言語障害が起きるようで、重症の場合には意識がもうろうとして体が動かなくなることもあるようです。

松本零士さんは映画館でろれつが回らなくなったということで、まさに脳卒中の典型的な症状ですね。

 

現在の容態は深刻であると報道されていますが、脳卒中から回復した後の生存率については以下のような記載がありました。

脳卒中初回発作後の平均余命7.5年、5年生存率50%で、癌より悪いかもしれません。

引用:橋本洋一郎先生のウェブサイト

高齢者に多い病気ということで、脳卒中を発症してからの平均余命は5〜7.5年程度で生存率は50%程度のようです。

松本零士さんも81歳と高齢のため、回復された場合も、今後の容態が心配されますね。

イタリア現地メディアの報道内容は?

イタリア現地メディアでは今回の松本零士さんの脳卒中をどのように報道しているのでしょうか。

現地のトリノ・メディアでも「非常に深刻な状態」と報じているようです。

「トリノ・トゥデイ」電子版は「すぐにCTスキャンを受けたが、非常に深刻な状態」と報じた。

引用:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201911160000253.html

 

また、イタリアのニュースサイトを確認されている方のツイートもありましたが、「非常に深刻な状態」という情報以外、詳しいことは書いていないようですね。

 

松本零士さんの「宇宙海賊キャプテンハーロック」はイタリアとフランスで絶大な人気があり、今回のトリノのイベントでは、映画祭「エレガンスと強さ・松本零士の作品の女性」と題したイベントが行われていたそうです。

現地イタリアでも今回の松本零士さんのニュースは注目度が高いと思われますので、容態に変化があった場合には、何らか報道がある可能性が高いでしょう。

引き続き、最新情報をチェックしていきたいと思います。

まとめ

今回は「松本零士の容態は?脳卒中の生存率やイタリア現地報道の内容も!」ということで、松本零士さんの現在の容態や、脳卒中の生存率、イタリア現地メディアの報道内容についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。

現在のところ「容態は深刻」という情報が多く、その後の容態の変化について情報は見つかりませんでした。

引き続き、各種ネットニュースや現地メディアの報道、SNSでの松本零士さんに関する用法を注視していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。