人物

牧野正幸(ワークスアプリケーションズ)の経歴は?出身大学や年収も

こんにちは!ちゃんないです!

ワークスアプリケーションズの牧野正幸社長の退任が発表されましたね。

ワークスアプリケーションズといえば、過去に「働きがいのある会社ランキング」で6年連続で上位4位にランクインしたり、「後輩にオススメしたいインターンシップランキング」で6年連続で1位を獲得するなど、学生に人気の優良ベンチャーの代表格として知られています。

また、牧野正幸社長が過去のインタービューで自社のインターンシップの目的を「圧倒的に優秀な人材を見極めるため」と語っていたこともあり、優秀な人材が多く集まる企業というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

そんなワークスアプリケーションズですが、直近では経営難に陥り主力事業であった人事パッケージソフト「COMPANY」を含むHR事業を売却し経営再建を図るなど、今後の動きに注目が集まっていた矢先に、今回の牧野正幸社長の退任が発表されました。

これまでワークスアプリケーションズの代表を務めてきた牧野正幸氏はどのような人物なのでしょうか。

今回は「牧野正幸(ワークスアプリケーションズ)の経歴は?出身大学や年収も」ということで、気になる経歴や出身大学、年収について調査してみました!

牧野正幸(ワークスアプリケーションズ)の経歴・プロフィール

まずはワークスアプリケーションズ元社長、牧野正幸氏の基本プロフィールをチェックしていきましょう!

  • 氏名:牧野正幸(まきのまさゆき)
  • 生年月日:1963年2月5日
  • 年齢:56歳(2019年9月現在)
  • 出身:兵庫県神戸市
  • 著書:『「働きがい」なんて求めるな』『君の会社は五年後あるか? 最も優秀な人材が興奮する組織とは』

 

続いて、牧野正幸氏の経歴をチェックしてみましょう。

  • 大手建設会社に新卒で入社、その後システム開発会社での勤務を経て、1994年に情報システム構築のITコンサルタントとして独立
  • 1996年に阿部孝司氏、石川芳郎氏とワークスアプリケーションズを設立
  • 2001年にJASDAQ上場を果たし、代表取締役最高経営責任者(CEO)に就任

1994年にITコンサルタントとして独立とありますが、若干31歳で独立されたということですね。

また、過去の牧野正幸氏のインタビューでーは20代後半でシリコンバレーのベンチャー企業で働く優秀な人材たちに衝撃を受けたというコメントがあり、ネットで出回っている経歴に記載はありませんが、アメリカのベンチャー企業と一緒に仕事をしていた経歴があるのかもしれませんね。

牧野正幸(ワークスアプリケーションズ)の出身高校・大学は?

続いて、牧野正幸氏の出身高校・大学について調査してみました!

こちらは過去の牧野正幸氏のインタビューから確認できたのですが、大学には進学しておらず、高校卒業後に大手建設会社へ新卒入社したようです。

出身高校については「難易度の高い公立高校」という情報しかわかりませんでした。

ウィキペディアやネット記事に記載されているプロフィールにも学歴に関する記載は一切ないため、出身高校は謎です・・

牧野正幸氏は過去のインタビューで小学校・中学校時代は一切宿題をしなかったことを明かしており、その理由を「授業の内容を理解していて、テストでも点が取れているのに、なぜ宿題をしなければならないのかわからない」「自分が納得できないことは誰がいうことでも絶対に聞かなかった」と語っています。

また高卒で建設会社へ入社した後に畑違いのシステム会社へ転職し、その後ITコンサルタントとして独立するという異色の経歴からも牧野正幸氏がかなりの天才肌ということが想像できますね。

牧野正幸(ワークスアプリケーションズ)の年収は?

続いて、牧野正幸氏の年収をチェックしていきましょう!

ワークスアプリケーションズは新卒の初任給が500〜600万円程とスタート時の給与が高いのが特徴です。

ネット上の口コミでも実力次第では大きな昇給も見込めるという評判が多く、IT企業の中では比較的給与水準が高いと思われます。

そんな会社のトップということで、牧野正幸氏の年収はかなりのものだったと思われますが、就職・転職情報ナビに記載の役員報酬ランキング2010では当時の年収が3億1800万と記載がありました。

情報の成否は定かではありませんが、年収が億単位だった可能性は非常に高いのでは無いでしょうか。

まとめ

今回は「牧野正幸(ワークスアプリケーションズ)の経歴は?出身大学や年収も」ということで、牧野正幸氏の経歴や出身高校・大学、年収についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。

高卒で建設会社へ入社し、その後ITコンサルとして独立するという異色の経歴の持ち主である牧野正幸氏。

ワークスアプリケーションズ退任後の動向にも要注目ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!