人物

生理ちゃん作者(小山健)の作品がヤバイ!wikiプロフや経歴も!

こんにちは!ちゃんないです!

大丸梅田店に店舗を構える「michi kake(ミチカケ)」で試験導入されている生理バッチが話題を呼んでいますね。

女性の生理をオープンにというコンセプトのもと導入された今回の生理バッチですが、自分がつけるのは嫌だ、客に示す必要があるのか等、批判を呼んでいます。

また、今回の生理バッチに大きく描かれているキャラクターは、漫画家の小山健さんがデザインしたキャラクター「生理ちゃん」ですが、「小山健さんの他の作品がヤバイ」「なぜ大丸は小山健さんにコラボを依頼したのか」と話題になっています。

今回は「生理ちゃん作者(小山健)の作品がヤバイ!wikiプロフや経歴も!」ということでお伝えしていきましょう〜!

生理ちゃん作者|小山健のwikiプロフィール・経歴

まずは生理ちゃんの作者である、漫画家の小山健さんのwikiプロフィール・経歴をチェックしていきましょう!

wikiプロフィール

  • 名前:小山健(こやまけん)
  • 生年月日:1984年6月13日
  • 年齢:35歳(2019年現在)
  • 出身:奈良県生まれ、三重県育ち
  • 出身大学:大阪デザイナー専門学校イラストレーション学科

奈良県出身の漫画家さんで、35歳とまだまだお若い方のようですね!

「生理ちゃん」という漫画を男性が描いているといことが意外でした!

 

小山健さんの経歴は以下の通りです。

経歴

  • 2005年:大阪デザイナー専門学校イラストレーション学科卒業
  • 2013年:漫画家として独立
  • 2019年:『生理ちゃん』で第23回手塚治虫文化賞短編賞受賞、同年11月8日公開

大阪市在住中の会社員時代に趣味でブログに描いていたマンガ「手足をのばしてパタパタする」をきっかけにマンガやイラストを執筆するようになり、2013年に漫画家として独立されたようです。

今回話題になっている生理ちゃんですが、なんと第23回手塚治虫文化賞短編賞を受賞しており、映画化までされている話題作のようです!

 

小山健さんの過去の作品は以下の通りです。

過去作品

◯インターネット上の収録作品
・週刊こや通(ソニー)
・マーク・ザッカーバーグに最も近いのは、案外こんな子どもかもしれないという話【特集:New Order外伝-小山健①】(エンジニアtype)
・一石を投じたいだけ(中2イズム)
・見捨てないでください(マイナビニュース)
・osaka.sora(マイナビニュース)
・部屋と掃除機とさち子(パナソニック)
・地元伝説コロ沢(イーアイデム)
・エンジョイ! クルマくん(GAZOO)
・おまかせ!トラベルボーイ(関空エアポートエージェンシー)
・四コマ映画
・オモコロ

◯著書
・手足をのばしてパタパタする
・死ぬ前に1回やっとこう
・osaka.sora
・お父さんクエスト
・生理ちゃん

生理ちゃん作者|小山健の作品がヤバイ!

小山健さんは「生理ちゃん」で第23回手塚治虫文化賞短編賞を受賞しており、漫画の内容自体は問題なさそうですが、ネットでは小山健さんの他作品がヤバイと話題になっています。

一部では大丸という大手百貨店がなぜ小山健さんにコラボを依頼したのか理解できないという意見も上がっているほどです。

 

問題視されている作品が「時効」「なすりつけ太郎」という作品です。

すでに小山健さんの公式ツイッターでも該当作品を紹介したツイッターは削除されているようで、今回の報道を受けて、小山健さんにも批判が及んでしまったのではないかと推測します。

上記作品の内容については、不快に感じる方もいらっしゃるかと思いますので本ブログでは掲載しませんが、内容が気になる方はネット検索してみて下さい。

まとめ

今回は「生理ちゃん作者(小山健)の作品がヤバイ!wikiプロフや経歴も!」ということで、漫画家 小山健さんのプロフィールや経歴、過去作品や問題視されている作品についてお伝えしてきましたが如何でしたでしょうか。

生理バッチ自体が批判を呼んでいる中で、生理バッチのキャラクター「生理ちゃん」の作者である小山健さんの他の作品も一部過激な内容であるということが相まって、世間では批判的な意見が多くなっているようです。

生理バッチ自体はもともとは「女性が働きやすい環境を実現しよう」という意図だと思いますので、そのコンセプトは残しつつ、世間や従業員の理解が得られるような取り組みを実現して欲しいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!